自宅を残したうえで、約1000万円の債務が免除された事例 | 鹿児島 債務整理|鹿児島の弁護士による借金問題・債務整理の無料相談

【09 個人再生】 自宅を残したうえで、約1000万円の債務が免除された事例

債権者数 当初の債務額 個人再生手続き後の債務額
7社 約1300万円 約270万円

個人再生 解決事例内容

会社員のSさん(妻・子供2人)は、営業成績を上げるための接待費等でお小遣いが不足してきたことから、家族に内緒で金融機関に借り入れをするようになりました。借金はあっという間に膨れ上がり、銀行カードローン・キャッシング等合わせて約1300万円に達してしまいました。また、Sさんはこの他に住宅ローン約3400万円の債務を負っていたので、このままでは債務の完済は難しいと思うようになりました。

そこで、Sさんが今後について弁護士に相談したところ、住宅を手元に残して債務を圧縮することができる「住宅ローン特別条項付き小規模個人再生」の手続を採ることを勧められ、Sさんはこの手続を採ることを決心しました。

Sさんは会社員であったため、安定した収入があると認められて再生計画が認可されました。これにより、住宅ローンについては従前どおり支払いを続け、その他の債務については約1300万円のうちの約270万円だけを5年間にわたって毎月4万5000円ずつ支払っていくこととなりました。

こうして、住宅ローン以外の債務については約1000万円が免除され、また、住宅ローンについては従前どおり支払いを継続するものの、Sさんの手元には住宅が残ることになりました。Sさんは家族とともに住み慣れた住宅に住み続けながら、無理のない範囲で債務の弁済をしていくこととなりました。

※ 個人再生は、3年間での弁済計画をたてることが原則ですが、子供の教育費等のやむを得ない特別な事情がある場合には、最長で5年間の弁済計画を認めていただけることもあります。

その他の解決事例はこちら

法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129

まずはお電話にてご相談日のご予約をお願いいたします。

※お電話でのご相談は実施しておりません。
※ご相談は弁護士法人グレイス鹿児島事務所にて初回無料でお受けいたします(要予約)。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■総量規制

一人で悩まず、まずはご相談ください 相談のご予約はこちら

料金表はこちら
アクセスはこちら
弁護士紹介
相談からの流れ
あなたに合った手続き方法がわかる!チャート式手続き診断

サイトメニュー

事務所概要
アクセスはこちら

弁護士法人
グレイス

鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

アクセスマップ

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

対応エリア

鹿児島県
全域

債務整理相談ナビ 登録認定サイト

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

交通事故相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

大型債権回収相談サイト